One Tap BUYからIPO申込ができる!

スポンサーリンク
アドセンス
スポンサーリンク

スマートフォン

1.000円から米国株と日本株のトレードできるネット証券「One Tap BUY」からIPO申込ができるようになります!

One Tap BUY「誰でもIPO」

One Tap BUYは、「誰でもIPO」と称して、IPOの取扱いを開始するようです。現在わかっていることは、以下になります。

  • サービス開始は11月下旬
  • 1株から申込可能
  • IPO申込(ブックビルディング)には、事前入金が必要(前期型)

11下旬からスタート

サービス開始が11月下旬からのようなので、お祭りIPOのソフトバンクの取扱いもあるかもしれない。

1株から申込できる

他にはない、1株から申込ができる。「誰でもIPO」と称する肝となる部分なのでしょうが、1株当選しても…ねぇ、、、。けど、サンプル画面には、複数株当選しているのがあるから、1株以上の当選がある可能性もある。まぁ、詳細はサービス開始が近づいてくればわかってくるかな。

One Tap BUY「誰でもIPO」サンプル画面

事前入金が必要

IPO申込(ブックビルディング)には、申込相当額の資金が必要です。いわゆる前期型です。

One Tap BUYの入出金は、基本有料です…。無料で入金(買付)をする方法は以下になります。

  • みずほ銀行に口座があり所定の条件を満たしたら、無料で振込ができる(みずほ銀行口座を持っていないので詳細は省く)
  • 「銀行においたまま買付」というサービスで、みずほ銀行預金口座に残高があれば、2019年3月31日まで、手数料無料で買付ができる(多分、IPO申込もできる…はず笑)

簡単に言うと、みずほ銀行の口座を持っていれば、無料で振込やら買付ができるってことです。私のように、みずほ銀行の口座を持っていない人は、振込手数料を負担して入金するしかないですね。まぁ、振込手数料無料の銀行口座を使えば、そこまで気にすることでもないか。

入金よりも問題は、出金だね…。出金には以下の手数料がかかります。

  • みずほ銀行口座への出金(3万円未満):100円(税抜)
  • みずほ銀行口座以外への出金(3万円未満):250円(税抜)
  • みずほ銀行口座への出金(3万円以上):200円(税抜)
  • みずほ銀行以外への出金(3万円以上):350円(税抜)

使い勝手わりぃぃぃぃい

入金は何とかなるから最悪いいとしても、出金は逃げ道なくてツラいな…。

とりあえず口座開設をした

微妙だと思えることもあるが、One Tap BUYがIPOを取扱うということで、とりあえず口座開設の申込をした。口座開設は無料なので、使う使わないは後にして、ササッとやったりました。

One Tap BUY「誰でもIPO」